部位によって痛みや効果は違うの?

現在、脱毛サロンで行われる脱毛法の主流は、特殊な光を使用したフラッシュ脱毛です。
この光はメラニン色素に対して反応するという特質を有しており、それゆえにこの色素を含んでいるムダ毛に対して効果的に働きかけることができます。

 

女性部位

 

この光はムダ毛に当たると毛根に到達し、そこに熱を溜めます。それを繰り返すことで毛根が弱り、最終的にはムダ毛を支える力を失って脱毛が完了するわけです。

 

このフラッシュ脱毛は痛みが少ないことで有名な施術ですが、太いムダ毛や大きな毛根に対してはチクッとした痛みを感じることがあります。

 

なぜなら先にも述べたように、フラッシュ脱毛の光の影響を受けた毛根には熱が加わることになり、この熱がチクッとした痛みを生じさせるのです。

 

しかし、どんなに大きな毛根であっても、我慢できないような強烈な痛みが生じることはありません。そのような痛みが生じるのは肌に問題があるときのみで、乾燥肌や敏感肌が生じているときに感じてしまうのです。

 

そして毛根が大きいということは、ムダ毛を作り出す組織がしっかりしていることを表しています。そのためこのような場所はフラッシュ脱毛を行った後、しばらくはムダ毛が生えてきませんが、その後ほぼ確実にムダ毛が生えてきます。

 

しかし、先にも述べたように、フラッシュ脱毛は毛根を弱らせる作用を有しています。そのためたとえムダ毛が再び生えてきたとしても、それは以前のように太くて頑丈なものではなく、細くて弱々しいものです。

 

そのためムダ毛の処理は以前に比べるとかなり楽になります。ちなみに大きな毛根が存在する体の代表的な部位は、ワキや膝下などです。その一方で毛根が小さなところもいくつか存在します。たとえば顔や背中に生える産毛です。

 

加えてこれらの毛は短いために、フラッシュ脱毛の光のエネルギーは容易に毛根に届けられます。たま小さな毛根はそれほど大きなエネルギーを浴びなくても、破壊されてしまうことがあります。

 

そのため顔や背中の産毛をフラッシュ脱毛すると、それが永久脱毛に至ることもあるのです。

 

また毛根が小さいために痛みはほとんど感じません。しかし非常に薄い産毛に関しては、逆に効果が現れにくいこともあります。なぜならそれらに含まれているメラニン色素は少量であり、フラッシュ脱毛の光が感知しないことがあるからです。

 

しかしそのような産毛はすでにあまり目立たないものであるために、脱毛しなくても目立つことはありません。